新型コロナウイルスに対する本クリニックの対応


本クリニックは、厚生労働省の定める、「初診料の注1に係る施設基準」「歯科外来診療体制加算1の施設基準」をクリアしています。この基準は、①歯科用ハンドピースの患者ごとの滅菌(オートクレーブ) ②AED等緊急時の設備 ③偶発症に対する緊急時の対応及び緊急薬品、医療事故対策等の医療安全対策についての研修受講 ④歯科衛生士の配置 ⑤歯科用吸引装置の設置 ⑥緊急時の連携保険医療機関(広島大学病院)の確保 などであり、これらすべてをクリアした保険医療機関であることを示しています。

特に⑤歯科用吸引装置(口腔外バキューム)は、エアロゾルを発生する歯科治療においては非常に有効で、当院ではすべての歯科用ユニットに整備しています。

新型コロナウイルスに対しては、①スタッフの検温等の体調管理 ②頻繁な換気 ③ウイルスに効果のある弱酸性次亜塩素酸水である「ステリ・PRO」による加湿・除菌 ④理論上コロナウイルスに効果があるとされる防菌・防ウイルス効果成分 Etak®を使用し、院内で手指が触れる可能性のある場所は、頻繁にEtak® 抗菌処理を行うなど、最善の対策を講じています。

Comments are closed.