広島県民の皆様へ


県民の皆様へ

新型コロナウイルス感染の流行に、

県民の皆様は不安な日々をお過ごしのことと存じます。

歯科医療スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、

私たちは以前から、ウイルス感染対策(肝炎・エイズ等)を行っています。

現在のところ、国内で歯科医院において患者さんに感染した事例はありません。

診療・口腔ケアの継続・延期など、ご自身での判断をなさらずに、

かかりつけ歯科医にご相談ください。

  • 糖尿病など持病がある人は、歯周病が悪化しリスクを高めます。
  • 口腔ケアの不足は細菌性の肺炎を引き起こし、

新型コロナウイルス性肺炎が重症化しやくなります。

  • 介護現場等での口腔環境の悪化は、特にリスクを高めます。

今は、誰もがコロナに感染する可能性がある時代だからこそ、

命を守るためにも、口腔ケアが大事です。

新型コロナウイルスに関する新しい知見を踏まえた、

より高度な感染防止対策を講じるため、

一時的に診療内容の制限や休診などを行うことがありますが、

私たち歯科医師は、これからも県民の皆様に

安心・安全な歯科医療体制を提供してまいります。

一般社団法人 広島県歯科医師会

https://www.hpda.or.jp/

Comments are closed.